建設業許可×大阪申請ナビ-行政書士事務所のご案内-

建設業許可の基礎知識

建設業許可×大阪申請ナビはお問い合わせ・ご相談は無料です!

建設業許可を受けるに当たっては大臣許可と知事許可の違いや、建設工事の種類、特定建設業と一般建設業はどう違うのか等知っておくべき知識が出てきます。このページでは、建設業許可の知識について解説していきます。

建設業許可の基礎知識関連ページ

建設業許可の基礎知識について

建設業許可について

建設業とは、元請・下請その他いかなる名義を問わないで、建設工事の完成を請け負うことをいいます。この意味での請負は、雇用、委任、建売住宅の建築行為などど基本的に異なるものです。建設工事を請け負う営業を行う者は、元請人のみならず下請負人も、法人・個人問わないで一定規模以上の建設工事を請け負うには、請け負う工事の種類に応じ建設業許可を取得しなければなりません。

建設業を営業しようと考えている業者は、500万円以上(一式工事の場合は1500万円以上)の専門工事を請け負う場合には、建築一式工事、大工工事、内装仕上工事、塗装工事、管工事など工事分野ごとに建設業の許可が必要です。建設業の業種は28種あり、建設業許可申請は、国土交通大臣に対して行うもの、都道府県知事に対して行うものがあり、また、一般建設業・特定建設業という種類の異なる許可のを、請け負う建設業種ごとに取得するという特徴を持っています。

建設業許可は有効期間が5年間で、これからも建設業許可を継続するためには建設業許可の更新を受けなければなりません。建設業許可期限の満了日の30日前までには申請を済ませる必要があります。期間の末日が日曜等であってもその日で満了するのでこの点十分に注意しなければなりません。申請が遅れると更新はできません。建設業許可新規となります。

ページのトップへ戻る
建設業許可×大阪申請ナビHOME » 建設業許可の基礎知識