建設業許可×大阪申請ナビ-行政書士事務所のご案内-

建設業許可の要件

建設業許可×大阪申請ナビはお問い合わせ・ご相談は無料です!

建設業許可取得には5つの必須要件があります。5つそれぞれに建設業許可申請書の所定様式と裏付資料の添付、原本の提示を求めてきます。
建設業許可上の要件を満たしていたとしても、事実を証明できず不許可になることが多々あるので建設業許可要件、裏付確認書類をよく確認し、しっかりと準備をすることが必要です。 
このページでは、建設業許可の要件について解説していきます。

建設業許可の要件関連ページ

建設業許可の要件について

建設業許可の要件について

建設業許可を取得する際、以下5つをすべて満たしていないと許可は取得できません。

  1. 経営業務の管理責任者がいる
  2. 営業所ごとに専任の技術者がいる
    特定建設業許可は一般建設業許可より要件が厳格になります。
  3. 請負契約に誠実性がある
  4. 財産的基礎若しくは金銭的信用がある
    特定建設業許可は一般建設業許可より要件が厳格になります。
  5. 欠格要件に該当しない

建設業許可の要件で特に問題になるのが

  • 経営業務管理責任者の要件
  • 専任の技術者の要件
  • 直近の貸借対照表上で500万円以上の自己資本額があるか、500万円以上用意出来るか
であり、証明資料をよく吟味する必要も出てきます。

ページのトップへ戻る
建設業許可×大阪申請ナビHOME » 建設業許可の要件