建設業許可×大阪申請ナビ-行政書士事務所のご案内-

建設業許可の手続きについて

大阪建設業許可申請ナビはお問い合わせ・ご相談は無料です!

建設業の許可は、原則500万円(建築一式は1,500万円)以上の工事(軽微な工事にはあてはまらない場合)を請け負うには、元請・下請問わず許可が必要となります。
上記記載に該当する場合は下請人の場合でも建設工事を請け負い施工する業者は法人・個人を問わず許可が必要です。

建設業許可の手続き関連ページ

建設業許可の手続きについて

大阪・兵庫・京都・奈良、関西一円の建設業許可取得は大阪建設業許可申請ナビへ!

建設業許可を新規に取る方法、更新する方法について大阪建設業許可申請ナビが解説しています。
建設業許可には要件が多くあります。建設業許可要件の該当性がないことからあきらめたりする方もいらっしゃいます。
書類が無かったり、要件が整ってない、という理由で行政・専門家から無理と判断され、あきらめている方が多いのも事実です。
しかし、要件の判断をよくよく精査してみると、建設業許可の要件を満たすケースもよく出てきます。 実際に代用書類等の活用や行政との交渉をしぶとくすることにより対応できるケースもよくある話です。
また、最近では軽微な工事を行う建設業者は、許可が不要ですが、悪質業者・偽装問題が社会的に大きな問題となって以降、工事発注のときにコンプライアンスの観点から建設業許可の有無によって発注先が割り振られることもあります。

建設業許可を取得したとしても、それはずっと有効なわけではなく、5年間という有効期間があり、期間満了が近付いたら更新手続を取らなければなりません。更新の手続きを忘れてしまった場合は許可が失効しますので、注意が必要です。

大阪建設業許可申請ナビは迅速な申請書類の作成とサービスで、建設業者様の建設業許可取得を誠心誠意サポートいたします。

ページのトップへ戻る
建設業許可×大阪申請ナビHOME » 建設業許可の手続きについて