建設業許可×大阪申請ナビ-行政書士事務所のご案内-

建設業許可の有効期間について

建設業の許可の有効期限は5年間です!

建設業の許可の有効期限は5年間です。
許可期限の満了日の30日前までには許可更新手続を取らなければなりません。期間の末日が日曜等でもその日で満了しますのでこの点も注意が必要となります。(建設業許可更新申請の受付期間:知事許可は5年間の有効期間が満了する日の2ヶ月前から30日前まで、大臣許可は5年間の有効期間が満了する日の3ヶ月前から30日前までとなります。)申請が遅れると更新ではなく、新規扱いとされてしまいます。
なお、期限までに更新手続きをとることにより、許可・不許可の処分がされるまで従前の許可は有効となります。
業種追加等により複数の許可を持っている建設業者様はそれぞれの業種で期間が違うケースがあるので注意してください。

業種を追加した場合の建設業許可の有効期限はどうなるのかよくお尋ねいただきますが、業種追加している建設業者様は更新にあわせ許可期間をそろえる許可の一本化が可能です。
即ち、複数の業種で許可を受けている場合は更新時に他の許可についても同時に更新を行えるのです。更新日をついうっかり、という建設業者様もよく耳にしますので、当事務所では建設業許可の一本化を推奨しています。

建設業許可の更新時に注意しておくことは、決算変更届は毎年提出しているか、代表者・取締役等に変更が生じているか、所在地や商号等に変更が生じているか、経営業務の管理責任者や専任技術者の常勤性の裏付けができるか等をしっかりと確認しておくことです。建設業許可の更新時にこれらを放置しておくと更新ができず、建設業許可の失効につながります。

建設業許可の手続き関連ページ

建設業許可の手続きについて

ページのトップへ戻る
建設業許可×大阪申請ナビHOME » 建設業許可の手続きについて » 建設業許可の有効期間について