建設業許可×大阪申請ナビ-行政書士事務所のご案内-

建設業許可を取得するためには

建設業許可を取得するために手続きを理解しましょう。

建設業許可を取得するための手続きについて説明しています。建設業の許可手続は、許可取得に必要な書類等が多くあるので迅速に手続を進めるために、手続をよく理解しておいてください。
まず、建設業許可がなくても請け負うことができる建設工事について説明します。

建築一式工事以外の建設工事

  • 1件の請負代金が500万円未満の工事(税込み)
建築一式工事で次のもの
  • 1件の請負代金が1,500万円未満の工事
  • 請負代金の金額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事
建設業許可取得の必要性は、請負代金の額で決まってきます。
建設業許可が必要となるのは500万円以上(建築工事は1,500万円以上)の工事を行う場合です。

建設業許可は上記条件に該当しなくとも、現在においては、元請・発注者からの要請、社会的な信頼・信用、自社の将来性を見越して、建設業許可を取得する企業も多くあります。
建設業の許可は、建設業28種類の業種に分かれていますので、28業種のうちどの業種の許可を取得するかを検討する必要があります。
この28業種のうち、どの業種で建設業許可を受けたらいいのかわからなければお気軽にご相談下さい。

そして、建設業許可は下請けに出す契約金額により、一般建設業と特定建設業に区分されます。このページで一般建設業と特定建設業について詳しく説明していますので、ご参照下さい。

また、建設業許可は、許可を受けようとする営業所の所在地によって大臣許可と知事許可に分かれてきます。
建設業を行う営業所がどこにあるかで決まってくるのであって、登記上の本店があってもそこで建設業を行わなければ、営業所にはならないので注意が必要です。

概要をおさえたら、建設業許可取得の要件を検討していきましょう。
建設業許可を取得する際の要件は5つあります。

そして、建設業許可申請書類の作成と、必要書類や裏付けとなる書類などをしっかりと確認していきます。
建設業許可新規申請の必要書類に加えて、建設業許可更新申請の必要書類も記載していますので、ご覧になってください。

建設業許可の手続き関連ページ

建設業許可の手続きについて

ページのトップへ戻る
建設業許可×大阪申請ナビHOME » 建設業許可の手続きについて » 建設業許可を取得するためには