建設業許可×大阪申請ナビ-行政書士事務所のご案内-

建設業許可業種の追加について

建設業許可業種で取得がない追加申請がある場合は建設業許可業種の追加を行います

建設業許可業種の既存の許可に加えて新たに業種を追加したい場合に行う手続きを建設業業種追加申請といいます。追加する業種の要件を満たすことにより許可業種の追加が可能となります。

建設業許可業種でいまだ取得していない追加申請がある場合に建設業許可業種の追加をすることになります。

  • 一般建設業の許可を受けている建設業者が他の業種の一般建設業の許可を受ける場合
  • 特定建設業の許可を受けている建設業者が他の業種の特定建設業の許可を受ける場合
※一般建設業の許可だけを受けている建設業者が他の業種についてはじめて特定建設業の許可を受ける場合
特定建設業の許可のみを受けている者が他の業種についてはじめて一般建設業の許可を受ける場合は般・特新規となります。

既存の許可業種と追加した許可業種の許可日が異なる場合は申請回数や手数料の観点から望ましくありません。
そこで、許可日を同一にして管理することもできます。これを建設業許可の一本化と呼んでいます。
しかし、建設業許可の一本化は、建設業業種追加申請と同時に行う場合、追加申請に不備があって申請受理後に却下されると、既存の許可についても許可が失効になるような場合もあるので十分な注意が必要です。
建設業の28業種については建設工事の業種をご覧下さい。また、最近では建設技術の向上により既存の建設業28業種のどれにあてはまるのかがわからないケースも出てきています。このような場合はお気軽に当事務所までご相談下さい。

建設業業種の追加に関する注意点

建設業業務を拡大するため、建設業許可業種を追加する建設業者が増えています。しかし、建設業業種追加も経営面、営業面、将来性を鑑みて慎重に行う必要があります。
まず、業種追加後に継続的に実績がない業種は取り消される可能性がある点があげられます。

次いで、建設業業種追加については以下の要件を満たしているかも検討する必要があります。

等の場合は変更届を迅速に作成・提出する必要があります。

建設業許可×大阪申請ナビの業務関連ページ

業務内容について

ページのトップへ戻る
建設業許可×大阪申請ナビHOME » 建設業許可×大阪申請ナビの業務について » 建設業許可業種の追加